投稿

【プログラム報告】新潟トークベース~物語りと対話の時間~「わたしの身体に目を向ける」

イメージ
新潟トークベース
~物語りと対話の時間~

今回は9人のメンバーで、ワークも交えながら
深~い対話の時間になりました!


 スピーカーの ごとう じゅんこさんは
整体チームSwimmyなど、様々な現場で活躍しています。
https://www.facebook.com/seitai.swimmy/

整体だけではなく、看護師の資格も持つにいたった
人生の経緯から、今現在の大きな問い、

 人はどうして身体が壊れるまでほっとくんだろう?
(身体が壊れてからはじめて医者や整体に行くのはなぜ?)

を共有していただいてから、ちょっとしたワークを実施。



「2人で1人の人間を運ぶ」というワークでしたが、
ものではなく人を運ぶ、運ばれるという体験から、
自分、そして他人の身体に目を向けてから対話がスタート!




個人的には、あまり考えたことのない身体のこと、
しゃべることがあるかな~、続くかな~という不安がありましたが
心配は無用でした。

身体から始まる矛盾や疑問がどんどん出てきて
いろいろな人の見方や経験が混じり合う
深い対話の場になりました。


一部みなさんの声を拾い上げてみると…

・そもそも身体に何をどうやって聞けばいいんだろう?

・心と体は密接につながってるんだな~

・健康の定義って、いろいろあるよね

・小学校の皆勤賞、がんばってたけど
 風邪ひいてもがんばって行くってどうだったんだろう?

・身体の声に気づいてしまったら、
 今の生活、仕事ができなくなってしまうかも…という恐れ

・身体を壊してやっと仕事が休めてホッとする

・身体との向き合い方、男女差もあるのかな?

・自分の身体に聞けない理由、背景がある
 休む=悪
 日本の文化? 教育の問題?

・生産性や合理性、活動性のほうが
 身体よりも優先順位が高い         などなど



対話が新たな問いを生み、
その問いをまたみなで掘り下げていく…

何かひとつの答えにたどり着くわけではない
でもとても心地よい時間。

不思議ですが、こういう時間は少しずつですが
何かを育てていっているように感じます。

そして、こんな風に場が熟成していくのは、
きっとスピーカーのリアルな今が
そこに現れているからなのだと感じました。

今まさに考えたり、悩んだり、行動を起こしたり…
そういう人の熱量にふれると場は動き、深まっていくんでしょうね。

じゅんちゃん、素敵な…

【プログラム報告】つながるcafe:アクティブ・ブック・ダイアローグ

イメージ
1冊の本を起点に
対話でその内容を深めていくワークショップ手法

今回のつながるcafeは
アクティブ・ブック・ダイアローグのプチ体験会でした。

アクティブ・ブック・ダイアローグという言葉を
初めて聞いたという方はこちらをご覧ください。


この日は長岡花火ということで
少人数の参加でしたが、その分濃密な時間を過ごすことができました。

今回扱った本は、かつて大ベストセラーになった
「チーズはどこへ消えた?」の続編である
「迷路の外には何がある??」でした。

まずははじめての方もいたので
簡単な自己紹介からスタート。
その後、著書の紹介とABDの説明

その後はついに、自分の担当場所を決めて
読書→サマリーを書く時間です。

この時間は部屋にシーンと言う音がなるほど
みなさん集中していました。

著書が物語ということで、どこをピックアップしてサマリーを作るのか
みなさん少し悩んでいるようでした。
結局、「チーズはどこへ消えた?」と「迷路の外には何がある?」の
両方の本とも分担を決め読み切り、サマリーをまとめることになりました。

サマリーを書ききったみなさんの表情は
少し疲れた雰囲気はありましたが
やりきった感満載の顔でした。

少し休憩の後
サマリーの発表である、リレープレゼンテーションの時間です。
この時間で、他の人の発表を聞くことで
自分の担当した内容とのつながりが生まれ
新たな発見も多かったようです。


全体の内容についてざっと理解した後は、この内容を起点に対話の時間です。
それぞれの経験や価値観、バックボーンの違いがあるからこそ、
この時間の中で互いに学び合いや響き合いがありました。
本の内容から少し離れつつも、互いの気づきをキャッチボールすることで
深い気づきへと繋がっていきました。


少しだけ内容を紹介
・変化する為には、1人よりも誰かと一緒であることが大切
・その場合関わり方は、決してアドバイスではなく相手が自分で気づいていくような、コーチやファシリテーターのような関わり方が大事
・まったく価値観の違う人との対話は、気づきにつながりやすい
・必要な信念と不要な信念の違いは何なのか?不要な信念は思い込みと呼ぶ
・考えを変える為には、小さな成功体験よりも、その体験自体を楽しめることが大切
・変化できないのは、恐怖があるから。。。でも、恐怖にも前に立ちはだかる「恐れ」とお尻に…

【プログラム報告】新潟トークベース「大きな集団とわたし(個)の関係」

イメージ
夜の勉強会あらため、今回から
『新潟トークベース』とタイトルを変更!

大学生から社会人、東京から新潟まで
素敵なメンバー11人で、物語りと対話の時間を楽しみました!




今回のスピーカーは、(株)COPILOTの米山 知宏さん

テーマである「大きな集団とわたし(個)の関係」は、
ふりかえってみると小学生の頃からどこかに
問題意識があったとのことでした。




今回「新潟トークベース」のサブタイトルを
~物語りと対話の時間~ としたのは、

スピーカーが現在進行形で抱いている問いを投げかけるには、
自身の人生を振り返ることが必要だということがわかってきたからです。

それはまさにその人の「物語」です。

でも、この物語は完結したものではなく、
これからも続いていく現在進行形の物語という意味で
「物語り」という動詞的な響きを持たせています。
(じゅんちゃん、アイデアありがとう!)



米山さんのお話のあとは、
4人一組での対話の時間。

テーマとしてはかなり広がりのあるものなので、
各チームそれぞれに盛り上がります。

少し盛り上がったキーワードをご紹介すると…

・組織の意向という圧力

・短期的な集団の維持 > 長期的な個人の幸せ

・二者択一のどちからという考え方ではなく、バランスが大事
 例)情報をオープンにすることと、クローズにすること など




全体でのシェアはグラフィックも交えながら
参加者それぞれの視点を共有するいい時間になりました。

米山さんが最後に話してくれた
このような対話の時間で得られたものを
「言語化」する作業もぜひ進めていきたいですね!

たくさんの人の視点からつくられるものは
価値があるものになるに違いありません。楽しみです!



さて、次回の「新潟トークベース」は、
8/23(金)の18-20時です。

現在スピーカーとなるごとうじゅんさんと
最終調整中ですが、こんなテーマでの対話になりそうです。

  私たちは、どうしてこんなに
  カラダに目を向けなくなってしまったんだろう?


思考や感情には、目を向けるどころか そこにとらわれすぎてしまうことも多いのに、 形があって触れられる、リアルなカラダに こんなにも目を向けないのはなぜなんだろう? そこから生まれる問題はないだろうか?

こんな問いをきっかけに、 学び合い響き合う対話の時間を共有しましょう!

担当:遠藤あき
PS  参加者…

【プログラム報告】つながるcafe~:人が成長するための要素 ~ エッジを超え、新たな世界へ踏み出すには?

イメージ
「どうしたら人は成長できるのだろう?」
「そもそも成長する必要あるの?」



今回は、

人が成長するための要素
~ エッジを超え、新たな世界へ踏み出すには?

のテーマで、年齢も経験も様々な高校生から社会人まで、
9人のメンバーでじっくりと学び合う時間を持ちました。

※「エッジ」については、こちらのコラムをご参照ください。
https://hitototunagaru.blogspot.com/2019/06/cafe-cafe-cafe-201971018002000-1-13-22.html


「人とつながる」が行うワークショップは、
実体験と対話から学ぶことを大切にしています。

私たちも体験に入っていたので写真がないのですが
簡単な自己紹介のあとに、体を動かすゲームをおこないました。

「えっ、ちょっとそれは…」

多少のとまどいが生じるゲームを選び、
今回のテーマであるエッジを体験できるようにしました。

みんなで楽しく取り組むことで、思わずのめりこんで
普段ならためらってできないこともできてしまう…

そんな経験が誰しもあると思うのですが
実はこれはエッジを超える上で重要な要素です。

みなさんが前のめりで取り組んでいただいたことで
その後の豊かな対話の時間につながったと感じました。


ゲームの後は、私たちからの対話のきっかけとなる話題提供。
そして、グループ毎の対話に入ります。

さまざまなエッジ経験?をお持ちの
人生経験豊かなみなさんが集まっているので、
対話はどんどんと深まり、冒頭の
「そもそも成長ってしなきゃいけなの?」
という根本的なところまでたどり着きました。

その後、全体でのトークタイムに入り、
それぞれが持っている経験を重ね合わせながら、
対話を熟成させていきました。



上の写真は対話を受けて、それぞれの参加者が
自分だけの学びを構造化しているところです。

体験型の研修やワークショップがよいところは
一人一人の気づきや学びが違うところ。

ひとつの正解を教えてもらって帰るのではなく、
自分なりの納得解を見出していく。
こんな時間を私たちは大切にしたいと考えています。


終了後の懇親会の参加率も高く、
夜遅くまで話はつきませんでした(笑)

これからもこんな学びとつながりの時間をつくっていきたい!

そんな風に強く感じた1日でした。
みなさん、ありがとうございました!


遠藤…

【プログラム報告】ティールを体感するワークショップ③:チーム力を高めるコミュニケーション~個々のリーダーシップを発揮するには?

イメージ
今話題の「ティール組織」という本の中に、 進化する組織や個人が持つ3つの特徴のひとつとして 「セルフマネジメント(自主経営)」というものがあります。
このセルフマネジメントを考える上で必須になってくるのが チーム内の個々人がそれぞれに発揮するリーダーシップであり、 それらが自然にあふれ出てくるためのチーム内コミュニケーションが セルフマネジメントの土台になってきます。
今回はさまざまな課題解決アクティビティを行いながら、 その後の参加者間での対話とふりかえりを通して学びを深める1日。





ブログを書くために、参加者の方の写真を見ていて、単に座学で学ぶのではなく、 「体験から学ぶ」ということの意味や価値についてあらためて思いました。 とても楽しそうな顔が印象的ですよね。
感情と学習は密接に結びついていますので、ユーモアや楽しさの力を 過小評価してはいけないと私たちは思っています。



たとえばこんな体験からは どんなことに気づくことができるしょうか?
一気に投げられる10個以上のボールを 2人でいくつとることができるかにチャレンジしています。


こちらは与えられたお題を口頭のコミュニケーションだけで 同じ絵に仕上げていくアクティビティ。

からみあったロープを目隠ししたままで ほどいていくことにチャレンジするアクティビティ。

ご想像の通り、参加者一人一人、気づくことは違います。 そんなそれぞれの違いからさらに学びが深まる。
それが体験から学ぶことの醍醐味であり、 同時にメンバーの多様性に改めて気づく機会でもあります。



私たちから提供する情報も交えながら、 時間とともに学びと関係性が深まっていきます。
今回の会場は、新潟市の「ゆいぽーと」さんですが、 こちらの大きなホワイトボードは、プロセスやポイントを見える化することで 学びを深めていく手法をとっている私たちには大変ありがたいですね。

【コラム】エッジを超え、新たな世界へ踏み出すには?

イメージ
▼進化する個人、進化する組織


私たち「人とつながる」では、
『進化する』個人や『進化する』組織に対して
様々な体験プログラムや研修を実施しています。


言い方を変えると、私たちは
人や組織が『進化する』ことをお手伝いする
ファシリテーターであり、そのような現場に
数多く立ち会っています。


では、『進化する』とはどういう状態でしょうか?

人それぞれ異なるイメージを持っていると思うのですが、
私たちが『進化する』という言葉を使う時、
人や組織が、これまでの世界とは異なる未知の世界へ
一歩踏み出し、新しい世界を広げていくイメージを持っています。

成長する、進化する
あなたはどんなイメージを持っていますか?






▼未知の世界に対する不安

しかし未知の世界というのは、
何があるかわからない不安な世界ですよね。

日常の合意された現実、いつもの世界は、
予測可能で確実性もあり、心地よく安心できる世界です。

一方の未知の世界は、
予測不能で不確実、不安や恐怖を感じることもある世界。

たとえて言えば、
たき火の周りの明るくてあたたかい場所(いつもの世界)と
外側に広がる暗くて寒そうな場所(未知の世界)です。

たき火の周りには気心の知れたメンバーがいて
時に深い対話もできる、安心できる居場所です。

一方の暗くて見えない未知の世界には、
恐ろしいモンスターがいるかもしれません。

しかしおわかりのように、そこには今の場所にはない
大きな宝ものがあるかもしれないのです。

『進化する』個人や組織とは、
安心できる居場所を持ちながら、そこに安住することなく
新たな可能性(宝)を求めて、未知の世界へ勇気をもって踏み出し、
潜在能力を最大限発揮できる人や組織のことではないか?

私たちはそんな問題意識を持って
様々な体験活動や研修を行っています。





 ▼進化を阻む壁(エッジ)の存在

このいつもの現実世界と未知の世界の間には、
エッジと呼ばれる大きな壁があります。

生き物である私たちの本能は、
生き残るために安全な道を選択する働きを持っています。

※一人ぼっちにならないように…、嫌われないように…など
 肉体的な意味だけでなく、精神的な意味での生き残りも含みます

一方、小さなどんぐり(種)が時間をかけて大木へと成長していくように
私たちは本来、自分の世界をどんどん広げようとする力も持っています。

新たな世界…

【研修報告】保育園での1日研修

イメージ
すべての職員が一同に集まることが難しい職場があります。
その中のひとつであろう、保育園。

こどもたちへの食事を含む幅広い「保育」という仕事を、
内容的にも、時間的にも役割分担しているので、
一同に会しての研修の機会は本当に貴重な時間です。

本来ならお休みの土曜日を丸1日使っての研修。
みなさんのためになるよう、私たちも気合が入ります。


最初にウォーミングアップの活動を行ってから
本日の研修の場にチェックイン。
今回は色を使って今の気持ち、今の自分を表現しました。



体験型の課題解決アクティビティをいくつか実施。
目隠しで絡み合ったロープをほどいていくアクティビティ。
見えない不安と、その中でつながりを感じられる安心感。
日頃からコミュニケーションを意識している職場ですが、
こうやって同じ体験をするからこそ見えてくるポイントがあります。


活動後には私たちからの話題提供をはさんで
それぞれが感じたことをわかちあい、ふりかえる時間。


お互いの気づきを共有するふりかえりの時間は
学び合う文化をつくっていく上でとても大切な時間ですね。


昼食後もいくつかのアクティビティを行い
徐々にみなさんの対話も深まっていきます。


研修の最後のチェックアウトでは、

「課題に取り組むことがだんだん楽しくなってきて、
 自然に声もでたし協力もできた。その中で気づいたことがあった。」

というお声もいただきました。

学びと感情は密接に結びついています。
楽しくて安心できる環境の中だからこそできるチャレンジがあります。

日頃から体験的な学びの場を用意している私たちですが、
この場が楽しいと感じられることの重要性を改めて感じた1日でした。


遠藤あき