投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

【コラム】個性化に限界はない ~ 成長の限界のその先へ

イメージ
「成長の限界―ローマ・クラブ「人類の危機」レポート」という本をご存じですか? 地球という限られた星の中での経済成長には限界があると警告した本として有名ですね。
組織開発や企業研修に関わる中で、最近この本のタイトルをふと思い出し、今まさに企業などの組織に求められている「進化=個性化」と、「成長」という言葉を対比させて考えるとわかりやすいと思ったので、少しまとめてみたいと思います。全体像としてはこんな感じです。


では、順を追って見ていきましょう!

現代という時代は先行きが不透明で、ひとつの正解がない時代、誰も答えを知らない時代です。このような時代にあっては、個人も組織も今までと同じことだけを続けていたら生き残れない可能性が高いと言えるでしょう。所属している組織によって違いもありますが、大きな時代の流れがこの方向に向かっていることは間違いないはずです。
そのような背景を理解した上で、既存の組織形態を「機械」のような組織として眺めてみましょう。


機械としてとらえるわけですから、会社というものはコントロール可能なものだと思われています。もちろんそこにいる社員もコントロールできるもの、しなければならないものだと考えられ、社員は交換可能な機械のパーツであると考えられています。社員は解決してもらうことを待っている問題であるので、会社の枠にはめて成長(コントロール)させようとします。他社との競争や会社内での競争などにより、この成長は推し進められ仕事ができるようになることが評価の対象となります。しかし、このようなコントロールを前提にした成長には限界があります。会社が想定するある一定のレベルを超えることができないのです。高度経済成長期のような時代にはこのような「機械」としての組織が効果的、効率的であったかもしれません。しかし時代は変わっています。たとえ大企業であっても、成長の限界、競争の限界にしっかりと向き合っていかなければ生き残れない時代です。「機械」のような会社の特徴としては、指示命令型のトップダウンの経営スタイルで、ひとつの正解に向かって邁進します。正解は優秀なリーダーから与えられたり、外部のコンサルタントの力を借りて持ちこまれたりします。そこに所属する社員にはおそれや不安がつきまといます。

一方、先行き不透明な時代にも進化・適応していける組織形態を「生き物」のような組織として…

ブログ始めました

イメージ
人とつながるのブログ始めました。
人とつながるのホームページは4月4日に公開予定です。

まず最初のブログでは
「人とつながるとは?」
というところをお話できればと思います。

ひとことで言うと、こんなことをしたいと思っています。
====================
人とつながり、自然とつながり
安心できる「居場所」をつくることを通して
ありのままの自分でいられる
社会を目指しています
====================

そうですね。
ちょっと一言だとわかりづらいですかね?

少し丁寧に説明すると
こんな感じです。

========================
仕事を終えて家族が待つ家に帰った時、どうしてこんなにも心が落ち着くのだろう?
気心知れた仲間と一緒にいると、こんなにも自然体で楽しくいられるのはなぜだろう?
素敵な会社で働いている社員たちは、なぜあんなにもいきいきとしているのだろう。
自分自身が自然体でいられることで、人にも優しくなれ、周りの人もそれによって笑顔になれる。そんな自分らしくいられる環境が広がり、増えていくと、きっと社会はもっと楽しくて、笑顔が溢れていくのだろう。

人と人の「つながり」が、人と自然の「つながり」が、人と社会の「つながり」が、そして、自分と自分自信との「つながり」が、希薄になってきていると感じる今の社会。
「つながり」が希薄になっているからこそ起きる問題が、今の社会には山積みです。 便利すぎる世の中になり、直接的な関係性が希薄になってきている人間関係。表層的に取り繕い繋がっているように見せかける無理な関係性。自分自身の存在意義を見出しづらい組織のあり方。自然環境をないがしろにした人間の営み。自分自身の心の声ではなく、社会常識や周囲の環境によって意思決定をしている偽りの自分。 それらが、いじめやうつ病、ひきこもりや自殺や過労死、環境問題や食の問題など、様々な問題となり、表層化してきています。

つながりを諦めることも1つの方法かもしれませんが、「つながり」の中からしか生まれてこないことには、大きな価値があると信じています。何かとつながることで生まれる「安心できる居場所」もその1つです。5年先が予測できない、変化のスピードが早い今の時代には、不安が渦巻いています。

安心感を抱く相手と共有できる「居場所」が、自分はここに居ていい…