投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

【プログラム報告】新潟トークベース「大きな集団とわたし(個)の関係」

イメージ
夜の勉強会あらため、今回から
『新潟トークベース』とタイトルを変更!

大学生から社会人、東京から新潟まで
素敵なメンバー11人で、物語りと対話の時間を楽しみました!




今回のスピーカーは、(株)COPILOTの米山 知宏さん

テーマである「大きな集団とわたし(個)の関係」は、
ふりかえってみると小学生の頃からどこかに
問題意識があったとのことでした。




今回「新潟トークベース」のサブタイトルを
~物語りと対話の時間~ としたのは、

スピーカーが現在進行形で抱いている問いを投げかけるには、
自身の人生を振り返ることが必要だということがわかってきたからです。

それはまさにその人の「物語」です。

でも、この物語は完結したものではなく、
これからも続いていく現在進行形の物語という意味で
「物語り」という動詞的な響きを持たせています。
(じゅんちゃん、アイデアありがとう!)



米山さんのお話のあとは、
4人一組での対話の時間。

テーマとしてはかなり広がりのあるものなので、
各チームそれぞれに盛り上がります。

少し盛り上がったキーワードをご紹介すると…

・組織の意向という圧力

・短期的な集団の維持 > 長期的な個人の幸せ

・二者択一のどちからという考え方ではなく、バランスが大事
 例)情報をオープンにすることと、クローズにすること など




全体でのシェアはグラフィックも交えながら
参加者それぞれの視点を共有するいい時間になりました。

米山さんが最後に話してくれた
このような対話の時間で得られたものを
「言語化」する作業もぜひ進めていきたいですね!

たくさんの人の視点からつくられるものは
価値があるものになるに違いありません。楽しみです!



さて、次回の「新潟トークベース」は、
8/23(金)の18-20時です。

現在スピーカーとなるごとうじゅんさんと
最終調整中ですが、こんなテーマでの対話になりそうです。

  私たちは、どうしてこんなに
  カラダに目を向けなくなってしまったんだろう?


思考や感情には、目を向けるどころか そこにとらわれすぎてしまうことも多いのに、 形があって触れられる、リアルなカラダに こんなにも目を向けないのはなぜなんだろう? そこから生まれる問題はないだろうか?

こんな問いをきっかけに、 学び合い響き合う対話の時間を共有しましょう!

担当:遠藤あき
PS  参加者…

【プログラム報告】つながるcafe~:人が成長するための要素 ~ エッジを超え、新たな世界へ踏み出すには?

イメージ
「どうしたら人は成長できるのだろう?」
「そもそも成長する必要あるの?」



今回は、

人が成長するための要素
~ エッジを超え、新たな世界へ踏み出すには?

のテーマで、年齢も経験も様々な高校生から社会人まで、
9人のメンバーでじっくりと学び合う時間を持ちました。

※「エッジ」については、こちらのコラムをご参照ください。
https://hitototunagaru.blogspot.com/2019/06/cafe-cafe-cafe-201971018002000-1-13-22.html


「人とつながる」が行うワークショップは、
実体験と対話から学ぶことを大切にしています。

私たちも体験に入っていたので写真がないのですが
簡単な自己紹介のあとに、体を動かすゲームをおこないました。

「えっ、ちょっとそれは…」

多少のとまどいが生じるゲームを選び、
今回のテーマであるエッジを体験できるようにしました。

みんなで楽しく取り組むことで、思わずのめりこんで
普段ならためらってできないこともできてしまう…

そんな経験が誰しもあると思うのですが
実はこれはエッジを超える上で重要な要素です。

みなさんが前のめりで取り組んでいただいたことで
その後の豊かな対話の時間につながったと感じました。


ゲームの後は、私たちからの対話のきっかけとなる話題提供。
そして、グループ毎の対話に入ります。

さまざまなエッジ経験?をお持ちの
人生経験豊かなみなさんが集まっているので、
対話はどんどんと深まり、冒頭の
「そもそも成長ってしなきゃいけなの?」
という根本的なところまでたどり着きました。

その後、全体でのトークタイムに入り、
それぞれが持っている経験を重ね合わせながら、
対話を熟成させていきました。



上の写真は対話を受けて、それぞれの参加者が
自分だけの学びを構造化しているところです。

体験型の研修やワークショップがよいところは
一人一人の気づきや学びが違うところ。

ひとつの正解を教えてもらって帰るのではなく、
自分なりの納得解を見出していく。
こんな時間を私たちは大切にしたいと考えています。


終了後の懇親会の参加率も高く、
夜遅くまで話はつきませんでした(笑)

これからもこんな学びとつながりの時間をつくっていきたい!

そんな風に強く感じた1日でした。
みなさん、ありがとうございました!


遠藤…