投稿

8月, 2019の投稿を表示しています

【プログラム報告】新潟トークベース~物語りと対話の時間~「わたしの身体に目を向ける」

イメージ
新潟トークベース
~物語りと対話の時間~

今回は9人のメンバーで、ワークも交えながら
深~い対話の時間になりました!


 スピーカーの ごとう じゅんこさんは
整体チームSwimmyなど、様々な現場で活躍しています。
https://www.facebook.com/seitai.swimmy/

整体だけではなく、看護師の資格も持つにいたった
人生の経緯から、今現在の大きな問い、

 人はどうして身体が壊れるまでほっとくんだろう?
(身体が壊れてからはじめて医者や整体に行くのはなぜ?)

を共有していただいてから、ちょっとしたワークを実施。



「2人で1人の人間を運ぶ」というワークでしたが、
ものではなく人を運ぶ、運ばれるという体験から、
自分、そして他人の身体に目を向けてから対話がスタート!




個人的には、あまり考えたことのない身体のこと、
しゃべることがあるかな~、続くかな~という不安がありましたが
心配は無用でした。

身体から始まる矛盾や疑問がどんどん出てきて
いろいろな人の見方や経験が混じり合う
深い対話の場になりました。


一部みなさんの声を拾い上げてみると…

・そもそも身体に何をどうやって聞けばいいんだろう?

・心と体は密接につながってるんだな~

・健康の定義って、いろいろあるよね

・小学校の皆勤賞、がんばってたけど
 風邪ひいてもがんばって行くってどうだったんだろう?

・身体の声に気づいてしまったら、
 今の生活、仕事ができなくなってしまうかも…という恐れ

・身体を壊してやっと仕事が休めてホッとする

・身体との向き合い方、男女差もあるのかな?

・自分の身体に聞けない理由、背景がある
 休む=悪
 日本の文化? 教育の問題?

・生産性や合理性、活動性のほうが
 身体よりも優先順位が高い         などなど



対話が新たな問いを生み、
その問いをまたみなで掘り下げていく…

何かひとつの答えにたどり着くわけではない
でもとても心地よい時間。

不思議ですが、こういう時間は少しずつですが
何かを育てていっているように感じます。

そして、こんな風に場が熟成していくのは、
きっとスピーカーのリアルな今が
そこに現れているからなのだと感じました。

今まさに考えたり、悩んだり、行動を起こしたり…
そういう人の熱量にふれると場は動き、深まっていくんでしょうね。

じゅんちゃん、素敵な…

【プログラム報告】つながるcafe:アクティブ・ブック・ダイアローグ

イメージ
1冊の本を起点に
対話でその内容を深めていくワークショップ手法

今回のつながるcafeは
アクティブ・ブック・ダイアローグのプチ体験会でした。

アクティブ・ブック・ダイアローグという言葉を
初めて聞いたという方はこちらをご覧ください。


この日は長岡花火ということで
少人数の参加でしたが、その分濃密な時間を過ごすことができました。

今回扱った本は、かつて大ベストセラーになった
「チーズはどこへ消えた?」の続編である
「迷路の外には何がある??」でした。

まずははじめての方もいたので
簡単な自己紹介からスタート。
その後、著書の紹介とABDの説明

その後はついに、自分の担当場所を決めて
読書→サマリーを書く時間です。

この時間は部屋にシーンと言う音がなるほど
みなさん集中していました。

著書が物語ということで、どこをピックアップしてサマリーを作るのか
みなさん少し悩んでいるようでした。
結局、「チーズはどこへ消えた?」と「迷路の外には何がある?」の
両方の本とも分担を決め読み切り、サマリーをまとめることになりました。

サマリーを書ききったみなさんの表情は
少し疲れた雰囲気はありましたが
やりきった感満載の顔でした。

少し休憩の後
サマリーの発表である、リレープレゼンテーションの時間です。
この時間で、他の人の発表を聞くことで
自分の担当した内容とのつながりが生まれ
新たな発見も多かったようです。


全体の内容についてざっと理解した後は、この内容を起点に対話の時間です。
それぞれの経験や価値観、バックボーンの違いがあるからこそ、
この時間の中で互いに学び合いや響き合いがありました。
本の内容から少し離れつつも、互いの気づきをキャッチボールすることで
深い気づきへと繋がっていきました。


少しだけ内容を紹介
・変化する為には、1人よりも誰かと一緒であることが大切
・その場合関わり方は、決してアドバイスではなく相手が自分で気づいていくような、コーチやファシリテーターのような関わり方が大事
・まったく価値観の違う人との対話は、気づきにつながりやすい
・必要な信念と不要な信念の違いは何なのか?不要な信念は思い込みと呼ぶ
・考えを変える為には、小さな成功体験よりも、その体験自体を楽しめることが大切
・変化できないのは、恐怖があるから。。。でも、恐怖にも前に立ちはだかる「恐れ」とお尻に…